らぶぞんびメモ

映画の事とかゾンビの事とか。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小さな悪の華(評価:★★★★★)

小さな悪の華
ルナール・デラン
video maker(VC/DAS)(D)
2008-02-20
定価 ¥ 5,040
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

『小さな悪の華』は70年のフランス映画である。ボードレールに魅了され、サタン信仰に憧れ、男という名のバカな生き物を蔑み、息苦しい寄宿舎(少女映画に不可欠な甘美)での生活に埋没するのを頑なに拒否するアンナとロール。膨らみだした胸と共に、その中に宿る悪の華がやがて二人を後戻り出来なくさせていく。

元ネタはピーター・ジャクソン監督の『乙女の祈り』と同じ、54年にニュージーランドで実際にあった事件。同性愛に目覚め、離れ離れになる恐怖から殺人を犯してしまう二人の少女のお話から。『乙女の祈り』はピーター・ジャクソン監督の乙女に対する畏敬の念が強すぎるあまり、俺は少しもたれ気味で消化不良だった印象。なんか、二人の行為に意味を持たせようとし過ぎてた気がする。

この『小さな悪の華』では、その辺、二人がどうしてサタン信仰や度の過ぎる悪戯に嵌まっていくのか全く描かれていない。それは、二人の行為が意味のあるものじゃなく、ただ、そうしたかっただけだから、という身も蓋も無い理由だったからじゃないだろうか?現代でもし同様の事件があったら、もしかしたら「なんて浅はかで愚かな『ゆとり教育』の弊害だろうか…」なんて気持ちになるような、短絡的かつ刹那的犯罪で同情の余地などないと思う気がする。

だが、この映画を観ても不思議とそんな感情は湧かない。というか湧きようが無い。

それは二人が究極に自己完結してしまっていて、二人以外の他人などというのは元から問題にしていなく、二人の破滅=世界の終わりと直結してしまっているからだろう。自らの挑発によって招いたレイプ未遂の挙句の衝動的殺人の発覚による恐怖よりも、その後の引き裂かれてしまうであろうお互いの運命を恐怖してしまうところに、もう常人の常識など通用しない。炎に包まれていく我が子たちを前に、お互いの両親はただただ泣き叫び頭を抱えるのみだ。そして未来永劫、この顛末の理由や意味などを理解出来ずに自問自答を繰り返しながら苦しみ続けるのだろう。親の気持ちになると、そら恐ろしい。

特にアンナのそれは甚だしく、彼女が人間らしい一面を見せるのは、知恵遅れの庭師が悲しむ姿が見たいが為に、彼の溺愛している小鳥を1羽ずつ(一度にやると一度しか見れないから)殺していくが、2度目の殺害時(1度目は毒殺)に自らの手で衝動的に縊り殺してしまい、その生々しい感触で、ふと現実に引き戻されて嗚咽する。そしてその後、連れ込んだ旅行者に下着姿で誘惑し、結果ロールが襲われてレイプ寸前(小ぶりな乳も下半身も露わ)になるところを薪で撲殺する時のみ。殺害時にしか人間性(しかも負の)が見られない。

ロールはロールで、バカな牧童のおっさんを誘惑してレイプ寸前(そんなんばっか)になるも、逃げ出してからはそんな事など無かったかのようにケラケラと笑い、アンナが旅行者を撲殺してしまいうろたえている時も冷静に死体の始末の事だけを考え(自分はレイプされそうだったのに)て居たのに、殺人がバレて警察に疑われるようになった時に初めて人間らしく恐怖する。ん、ロールも無茶苦茶だな。

こんな二人を俺らはただただ呆然と見送る事しか出来んわな。若い時になんの予備知識も無くこれ観ちゃったら、女性不信に陥りかねないトラウマ製造映画の傑作。
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2008/03/22(土) 04:22:38|
  2. サスペンス・ミステリ
  3. | コメント:0

ゾディアック(評価:★★★★★)

ゾディアック 特別版
ジェイク・ギレンホール.マーク・ラファロ.ロバート・ダウニーJr.アンソニー・エドワーズ
ワーナー・ホーム・ビデオ
2007-11-02
定価 ¥ 3,980
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

『セブン』『ファイトクラブ』のデビッド・フィンチャー監督なんだから、凄いどんでん返しやショッキングな映像が満載なんだろう!

なんて思って見に行くヤツはバカだと思う。だってこれ実話だし未解決事件だし。ホントに知らないんだね、こんな有名かつ心躍らされる事件の事。あっと驚く展開やバイオレンスを望んでいるんなら、それこそ劇中にも出てきた『ダーティハリー』でも見ておけば?と思うよ。

で、そんな有名な事件だからこそ結末も分かっちゃいたのに俺はクライマックスに行くにつれてドキドキが止まらなかった。淡々と押し殺した雰囲気で進んでいくのだが、その中から漏れ漂う緊迫感が最高に心地よい。当時の空気感が臭うほどにハードボイルド。素敵だなぁ。

しかし、硬派な刑事物が大好きで、TVドラマだと『ホミサイド殺人捜査課』が最高傑作と思ってる俺は、こういう作品はバリー・レビンソンが撮ったら良いのに、なんて思ってた時期もありました。ごめんなさいデビッド・フィンチャー。

出演俳優陣もことごとく素晴らしい。主演のジェイク“ブロークバック”ギレンホールやERのマーク・グリーン先生ことアンソニー・エドワーズ、名前を挙げていくとその全ての人に賛辞をしなければならない。中でもロバート・ダウニー・jr、あんた最高だわ。途中でリアルにまたヤク中になっちゃったの?なんて心配したくなるほどの嵌りよう。あんたそれ演技じゃないでしょ?w素晴らしい。そして、俺が密かに好きなクレア・デゥヴァルが重要人物役で突然少しだけ出てきたのも嬉しかった。ありがとうデビッド・フィンチャー。

あの時代にCSI科学捜査班があったら、今頃ゾディアックはとっくに死刑になってるんだろうなぁ…なんて下らない事思いながら、星5つ。

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

  1. 2008/03/10(月) 04:10:23|
  2. サスペンス・ミステリ
  3. | コメント:0

ハンニバル・ライジング(評価:★★☆☆☆)

ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション
ギャスパー・ウリエル;コン・リー;リス・エヴァンス;ケビン・マクキッド;ドミニク・ウェスト
GENEON ENTERTAINMENT,INC(PLC)(D)
2007-08-24
定価 ¥ 2,980
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

総合的には面白く見れた部類の作品だと思う。レクターさんに脳ミソ食べられて空っぽ状態で見たら「ウヒヒ アハハ」と笑いながら見れる。ギャスパー・ウリエル君がどうやったらアンソニー・ホプキンスになんの?とか無粋な事言わないの。いい味出してたと思う。

ただ、シナリオの粗が所々目立つのがマイナス点。前後の整合性や矛盾もそうだが、一番の問題はキャラクターにセリフで状況説明させたり心情を吐露させたりという場面が多かった事。せっかく雰囲気で攻める映画なのに、ちょっと困ってしまったね。素人じゃないんだから。。。

なんちゃって日本観が好きなら。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2008/03/10(月) 04:05:44|
  2. サスペンス・ミステリ
  3. | コメント:0

怪奇大作戦 第24話「狂鬼人間」(評価:★★★★☆)

DVD 怪奇大作戦 Vol.1
特撮(映像)
ビクターエンタテインメント
2003-12-19
定価 ¥ 3,990
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

今の世の中では放送出来ないお話だけど、今の世だからこそ放送したい問題作。

怪奇大作戦は、現代社会に発生する謎の科学犯罪に挑戦するSRI(科学捜査研究所)のメンバーたちの苦闘と活躍を描いた特撮テレビドラマである。円谷プロダクションが制作し、TBS系で1968年(昭和43年)9月15日から1969年(昭和44年)3月9日まで毎週日曜日19:00 - 19:30に全26話が放送された。
wikiより。

俺は、天本英世の怪演が光る15話「24年目の復讐」や実相寺監督の映像美が堪能できる25話「京都買います」が好きだけど、未見のままの話数があった。それがこの幻の24話「狂鬼人間」だ。

なぜ幻なのか?それは、まあタイトルから推して量れるかとは思うが、ようするにキチガイの話だ。しかも、人工的にキチガイを造り出すというトンデモ話。

なんでそんな事するのか?
ある科学者の夫婦が居た。脳波の研究をしながら、子供にも恵まれ幸せな毎日を過ごしていた。しかし、ある日突然、団欒を一人のキチガイがブチ壊した。夫と子供は無残にも惨殺され、妻の冴子だけが残された。悲劇はそれだけではなかった。犯人は捕まったものの、精神病の為無罪となってしまう。絶望した冴子は、不条理な悪法とそれを野放しにしている世間に復讐する為、人殺しをしたい人間を人工的にキチガイにする機械を開発したのだった。

そして冒頭……人気のない線路を男女が楽しそうに歩いていると、目の前に刃物を持ったキチガイ女が現れる。笑いながら男を刺し殺すキチガイ女だったが、精神鑑定の結果『刑法39条により無罪』となり精神病院へ送られる。しかし、なぜか2ヶ月後には全快して退院してしまう。その後も同様の事件が頻発し、不審に思うSRIは調査を開始するのだが……。

「日本の様に精神異常者が野放しになっている国はないのだから,国も考えてくれないと困る」本編に出てくる台詞だが、これが放送されてから40年近く経とうとしている現代でも何所かで呟かれている事だろう。

子供向け番組(一応w)だから、解り易さを追求した為にあまりにもストレートでショッキングな内容になっているが、本質は物凄く深く考えさせられる。放送倫理上お蔵入りになってしまったのは残念だが、ビデオ媒体や紙媒体ですら公式に存在を抹消してしまうのはやり過ぎだと思う。ウルトラセブンの12話も同様だね。

しかし今なら、YouTubeで見れるから是非見てほしい(ホントはそれもダメなんだが……w)

言いたい事も言えないこんな世の中じゃ。。。

テーマ:なかなか見れない作品 - ジャンル:映画

  1. 2006/07/18(火) 03:31:54|
  2. サスペンス・ミステリ
  3. | コメント:0

木乃伊(ミイラ)の恋(評価:★★★★★)

DVD恐怖劇場アンバランス Vol.1
渡辺美佐子
ビクターエンタテインメント
2007-07-27
定価 ¥ 3,990
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

チャンネルNECO鈴木清順監督特集をやってるらしく、この前「恐怖劇場アンバランス」の第一話「木乃伊(ミイラ)の恋」を放送してた。この作品、円谷プロが「怪奇大作戦」の後に、より怪奇色を強くしたシリーズを作ろうと考えて始めた物で、映像的にも脚本的にもいろいろ実験的な試みをしている異色シリーズだ。

いろいろやりすぎて分けわからん内容なのもあるんだが、その典型がこの「木乃伊(ミイラ)の恋」だ。あーもう、久しぶりに見たけど、前半の展開とかギャグとかホント面白いわ。あまりにも不条理、よゐこのコントなんて足元にも及ばないシュールさ。凄い。

ある日、とある村の一軒家の地面の下から鉦の音が聞こえるもんだから、「なんだべ?」と掘り起こすと、そこには数百年前に入定した僧、定助のミイラが手だけを動かして鉦を叩いていた。復活した定助は生前の反動(禁欲からの解放なのか?)からか、老婆や村の娘達、手当たり次第にちょっかいを出し始める。怒った村人達から締め出された定助だったが、村はずれの白痴の未亡人と交わり(七日七晩w)挙句、未亡人は金色の(ちっちゃな)仏様達を産み落とす。噂を聞いた村人達は「定助が仏様を産みよった!」と有難がって平伏すのだが、よく見るとその(ちっちゃな)仏様達も情欲に塗れた有様だった。ぶち切れた村人達は、それらを踏み潰し、定助を谷へ転落させたのだった。。。

うーん、まったくわけ分からんなw
これが前半のお話で、後半もも少し続くんだが、そっちも結局なんだったんだ???という内容。それでも、その突拍子もない展開は病み付きになる面白さ。DVD化を切に願うばかりだ。。。

しかし何時見てもアイキャッチの女の手は鬼怖い。

「木乃伊(ミイラ)の恋」放送予定
http://www.necoweb.com/neco/program/category.php?id=157

テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/11(土) 02:07:18|
  2. サスペンス・ミステリ
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

POUちゃん

Author:POUちゃん
映画が好きです。

ゾンビが好きです。

猫が好きです。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

ぽ→ちゃんにメッセージ

ご意見、ご感想などお気軽にドゾー

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。