らぶぞんびメモ

映画の事とかゾンビの事とか。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本沈没(評価:★☆☆☆☆)

日本沈没 スタンダード・エディション
草ナギ剛
ジェネオン エンタテインメント
2007-01-19
定価 ¥ 3,990
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

はっきり言って「樋口、長い!!!(by藤本美貴)」
いや、73年版の方はもっと長い140分あるんだけど、ぐいぐいのめり込めるんだよね。ストーリーが骨太でしっかりと人間を描いているから、感動しまくるんだよ。

まず脚本が糞。

あれほど素晴らしい原作とあれほど素晴らしい旧映画が有りながら、しかも樋口監督は日本沈没大好きなんだよね?てか特撮屋で日本沈没をリスペクトしてない人間なんて居ないだろう。それならば、何故こんな糞脚本でOKを出したんだろうか?TBSのゴリ押しだったの?意味が分からない。

特撮場面はホント素晴らしかった。ミニチュアとCGの見事な融合には感動した。しかし、残念なのは被災シーンが少ない。これは全編通して言える事だけど、地震や火災、倒壊、津波によて死んでいく被災者達の逃げ惑う描写がない為、緊迫感に欠けている。唯一、中盤での山道で壮絶な崖崩れシーンはドキドキハラハラとさせてくれた。ああいう絶望感の積み重ねが序盤から必要だったと思う。文字情報での死者数は数千万単位なのに、画面上での死体の数が少なすぎだ。あ、結局文句だらけ。

んで、絶望的なのが草と柴崎。

第一ハイパーレスキュー隊員が、あんな華奢な柴崎ではリアリティない。セーラームーンやらなら華奢な女の子が強いのもアリだと思うがね。アニメじゃないんだから。

キャラの性格作りもお粗末で、神戸の震災で両親亡くしてるってトラウマあるのに、それを表現出来てない。「大好きな両親や友達がいっぱい死んじゃったから、もう誰も好きになんかならないって決めたの……」とか泣きながら言うシーンあるけど、その割りにかなり社交的で人を避けるような所は皆無。そんな設定あるんならもっとツンデレ感出さなきゃダメでしょ?

草は更に酷い。旧作では“男”藤岡弘が演じた潜水艇パイロット小野寺役だが、あまりにもナヨ過ぎる。いくら平成の世は女のが強いと言っても、あんまりだ。終盤、死を決意した草が柴崎への想いを伝えて、二人っきりで一夜を過ごすシーンがあるが、もう、ここが俺はイライライライライラっと来て、思わず前の座席蹴飛ばしそうになった。

草は日本の崩壊を食い止める為に、(アルマゲドンのようにw)単身海底深くN2爆弾(エヴァの使いまわし…)を設置しに行く決心を固めて、それを隠しながら柴崎に想いを伝えに行く。気持ちを確認し合い、テントの中で抱き合う二人。ぎこちなくキスをする柴崎。抱きしめる草。「抱いて……」小さく呟く柴崎。すわラブシーン!その瞬間、

草「いや、今は出来ない」
柴崎・俺・観客「なんで?( ゚Д゚)ポカーン」

草曰く、「また会えるから……」って、おい!お前今から死ぬんだろ?オスなら死ぬ間際に種の保存を本能的に考えるもんだろ?極限状態でまでナヨっててどうすんだよ……置手紙で真実を知った柴崎の気持ち考えたら、有り得ないんだがマジで。EDなのか???
俺だったら、絶対に全身全霊を籠めて子種を残す努力をして死地に向かう。じゃなきゃ吹っ切れないでしょ。ねえ?

更に酷いのが、決意してヘリの乗り込もうとしたら、別れた柴崎がバイクでヘリポートまで辿り着きやがって、瞬間スローモーション。走り出す二人。抱き合い。カメラは周りを回って、主題歌がかかり出す。

って……どんだけ使い古された化石演出だ。てか間に合っちゃダメじゃん。

盛り上がる特撮シーンが来たと思ったら、糞寒い三文芝居、イライラしてるとカッコいい特撮シーン、と思ったら糞寒い三文芝居、の連続で俺はなんだか「二時間ドラマ見ながらおっぱいシーンを待つ小学生」状態だった。

特撮シーンは今回のままで、それ以外は旧作にしたら、てか旧作の特撮シーンを今回のに差し替えればそれでいいじゃん。いや、旧作見ておけばそれで済むな。なんでこんな映画にしちゃったんだろ?


P.S.京都の坊さん役でガンダムの富野由悠季監督が出てましたが、アレはギャグですか?笑ってしまたんだが。。。

スポンサーサイト

テーマ:日本沈没 - ジャンル:映画

  1. 2006/07/16(日) 04:31:10|
  2. SF・ファンタジー
  3. | コメント:0
<<怪奇大作戦 第24話「狂鬼人間」(評価:★★★★☆) | ホーム | 蝋人形の館(評価:★★★☆☆)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

POUちゃん

Author:POUちゃん
映画が好きです。

ゾンビが好きです。

猫が好きです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

ぽ→ちゃんにメッセージ

ご意見、ご感想などお気軽にドゾー

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。