らぶぞんびメモ

映画の事とかゾンビの事とか。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ローズ・イン・タイドランド(評価:★★★★☆)

ローズ・イン・タイドランド
ジョデル・フェルランド
東北新社
2007-01-26
定価 ¥ 3,990
おすすめ平均:
powerd by Amazon360

魔性の天才子役ジョデル・フェルランド版「不思議の国のアリス」だと思って観に行ったら、「悪魔のいけにえ」でしたw

まあ、テリー・ギリアムの事だから、一筋縄ではいかないとは予想してたけど、開始早々からのあまりのジョデルのぶっ飛び(by宮沢りえ)ぶりにちょっと付いていけない瞬間もあったりしたが、てか話脱線するけど、新宿武蔵野館で観たんだよ。すっかり忘れてたんだが、あそこキャパ狭くて小さな劇場だから、位置取りミスるとエアコンの真下で直撃受けるんだよね。予告始まった瞬間思い出して、でも、気付いた時既に遅し。2時間、寒くて寒くて仕方なかった。だもんで、そっちが気になって映画に入り込みきれなかったのもある。凍え死ぬかと思った。。。

そんな葛藤もありながらも映画は進むが、基本的にはジョデルがずっと喋りっ放しの出っ放し。なんつーか、観てる内に「あれ?もしかしてテリー・ギリアムはこの子に踊らされてる?」って疑うぐらいの魔性っぷりを思う存分炸裂させてるジョデル。

更にテリー・ギリアムの眠ってたロリコン魂に火がついてしまったかのような錯覚すらカメラごしの映像から受けてしまい、どうにもイケナイモノを観てしまっているような居心地の悪さと、妙な父性が芽生えてきて、「あー、ジョデルそんな事しちゃダメだよジョデル」とハラハラしてしまった。

「ジョデル…恐ろしい子(by姫川亜弓@ガラスの仮面)」

前半だけは辛うじてダークサイド「不思議の国のアリス」な感じではあったけど、父親がポックリ死んでしまってからの展開―アメリカ中西部の広大な陸の孤島にある一軒家と、独自のしきたりの下に暮らすキチガイ家族と、死体の解体、標本作り―ときたら、まさに「悪魔のいけにえ」

ただし違うのは、主人公のジョデルは逃げ惑うのではなく、その非現実的な生活を受け入れてしまい、そして多分、父親の死だけを受け入れる事が出来ない為に、元からの妄想癖に拍車がかかって行き、完全に逝ってしまう。

愛に餓えたジョデルの悲劇なんだろうな。だが、そんな主題よりも全編に漂う背徳感に俺はやられっ放しだった。俺はテリー・ギリアムの映画として観に来たんだが、どうやらこの映画はジョデルのジョデルによるジョデルの為(とロリコンの為)の変態映画だったようだ。

ジョデルと知恵遅れフリークス君のレロレロキス(未遂)シーンとかさ、エロ過ぎだよな。キモイしwホントよくやるよジョデルはw

脱帽です><


スポンサーサイト

テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2006/07/30(日) 02:39:41|
  2. SF・ファンタジー
  3. | コメント:0
<<最近の欲求。 | ホーム | 怪奇大作戦 第24話「狂鬼人間」(評価:★★★★☆)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

POUちゃん

Author:POUちゃん
映画が好きです。

ゾンビが好きです。

猫が好きです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

ぽ→ちゃんにメッセージ

ご意見、ご感想などお気軽にドゾー

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。