らぶぞんびメモ

映画の事とかゾンビの事とか。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ホステル(評価:★★★☆☆)

ホステル 無修正版 コレクターズ・エディション
デレク・リチャードソン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2008-02-22
定価 ¥ 1,980
powerd by Amazon360

前半の『ズッコケ3人組アムステルダム~スロバキア珍道中』から一転、地獄の大拷問大会に移る辺りタランティーノっぽい感じがよく出てるのと、拷問シーンとかの「痛さ」の表現は三池“オーディション”崇史リスペクトに溢れてて、イーライには親近感が沸く。あの無邪気さはピーター・ジャクソンにもどこか似てる。ホラー映画に対する溢れんばかりの愛、これがイーライ・ロスの素晴らしさなんだろう。

ただ、いろんな事をやりたがり過ぎててその一つ一つが少し薄まってしまってる気がしなくもない。『キャビン・フィーバー』もだったけど、主人公だと思わせておいてあっさり殺しちゃうトコとか、実はジョッシュがゲイなんじゃないかとか裏設定も面白い。だからこそ、もう少し焦点絞ってジックリ見せる所は見せて欲しいが、まあ若さゆえのモノとも言えるんで、苦にはならないが(偉そうだな)。

が、評価としては『キャビン・フィーバー』のがどこか突き抜けてて好きかも。

+

本編以上に素晴らしいのが特典のオーディオコメンタリー。イーライやタランティーノやスピーゲル達が寄ってたかって与太話を繰り広げてる居酒屋感覚が最高だ。冒頭のアムステルダムの娼館内部のイメージが日本の風俗店をモデルにしてるとか、三池監督出演シーンで「黙って見ようぜ!」と言ってたり、もうニヤニヤしっぱなしな事請け合いだ。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

  1. 2008/03/09(日) 04:23:21|
  2. ホラー
  3. | コメント:0
<<悪魔のいけにえ(評価:★★★★★) | ホーム | アドレナリン(評価:★☆☆☆☆)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

POUちゃん

Author:POUちゃん
映画が好きです。

ゾンビが好きです。

猫が好きです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

ぽ→ちゃんにメッセージ

ご意見、ご感想などお気軽にドゾー

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。